信州の旅 手ぶくろの神さま

ところで、はとバスツアーの諏訪大社でこんな事がありました。
参拝時、手水舎の足元にカチカチに凍った皮手袋が片方おちているのを発見しました。踏まれそうで可哀想だったので拾い上げてちょっと人目につく場所に置いてみました。
おとした人が探しにくるかもしれません。
水と龍

次に、おふだ等を下付している授与所の前の人ごみの中で、今度は毛糸のミトンの手袋を片方拾いました。
「手袋を片方おとした方、いませんかー」と、ちょっとの勇気と声を出して手袋を上にあげてふりふりすると、少し離れた場所から若い女の子が取りに来ましたよ。よかった、よかった。
焚き火

そんな事があったのは忘れていましたが、先日、駅のホームのベンチに手袋を置き忘れてしまいました。
気づかずに電車に乗り込もうとした時、少し離れた場所から一人の女性が小走りに駆け寄って来ました。
そして私の肩をトントン、と叩いて手袋を渡してくれました(^v^)
チャロと手袋
こうして私の手袋はなくなる事なく、手元に戻ってきました。
ありがとう 手ぶくろの神よ
スポンサーサイト

2017・初春 南信州へ女子旅 🐄🐶

1月中旬、はとバスで南信州へ行ってきました。
激しい寒波でセンター試験もてんやわんやの中、新宿を朝7:30に出発、『お肉屋さん厳選信州和牛食べ放題
はとバスと山々

中央自動車道で神奈川県・山梨県を抜け、長野県屈指の古刹、光前寺を参拝。雪道の参道が杉の大木に囲まれ、清浄な空気に包まれた天台宗の寺院です。
参道

斜めから

光前寺には、霊犬早太郎(はやたろう)の伝説があります。昔々、遠州で人身御供として子どもが怪物に取られていましたが、この寺に飼われていた大変強い山犬が退治したという事です。以来、早太郎こそまさに不動明王の化身であり、霊犬として本堂の横にお墓もたてられ、銅像も建立されています。犬って立派ですねー。
犬UP

三重塔と大焚き火と足
境内には他にも三重塔など多くの堂塔があり、拝観料のかかる庭園も素晴らしいらしい。春のしだれ桜や自生する光苔など季節によってもまた見所満載。
雪景色の古刹は静かで古い木造の建物はどこか温かみがありました。本堂に上るお護摩の炎がキッパリと色をさしてありがたい気持ちが湧きおこります。

チャロと早太郎さんUP
早太郎さんのおみくじを引きました。大吉でした(・o・)/
うちのオスねこ君も早太郎さんのように立派になってほしい――との願いを込めて一緒に撮影。

その後、昼食へ。
信州和牛・黒豚しゃぶしゃぶ食べ放題:60分
ポン酢とごまだれでバクバクいただきました。
おいしかったです
帰りには信州味噌1kgのお土産つき♪
しゃぶしゃぶ

次に訪れたのは諏訪大社上社。全国にある諏訪神社の総本社です。諏訪大社の特徴は、本殿がない事で杉の木や御山を御神体としています。
テレビニュースなどで話題にもなる「御柱祭」は7年に一度の大祭です。寅と申の年に樹齢150年を超えるモミの大木を山中から里へ20kmも曳き出してくるのです。
正面
昨2016年も申年。新たに建てられた「一之御柱」はとても立派でした。モミは腐りやすく、建てた後に樹皮が落下するなどの危険があるため、表面を剥がされます。
柱の背中部分は長い道のりを曳いてくる間にすり減っていて、平らになっています。

らいでん
正式な参拝ルートで左回りに進むとすぐに雷電為衛門の像があります。大相撲史上最強の江戸時代の力士だそうです。
ケータイのまち受けにすると良さそうです。手形もありました。
次に「ニ之御柱」があります。樹齢約千年という大欅と共に入口御門・布橋を護っているようです。
長廊は70mもあります。
2の柱と大木

2の柱と入口

雪の信州は素敵でした。
はとバスはベテランガイドさんがついてくれるので色々なお話が聞けて楽しかった(^v^)
そのガイドさんが「寺社内でのポケモンGO、ドローンは禁止です」と言っていました。
そんな人見かけなかったけど、一時はいたのでしょうか。。。

お土産2
今回のお土産はお味噌やほうとう等、ちょっと重かった(--;)
かんてんパパの施設も近くにあったようなので行ってみたかったなー。



担当 (=゚ヮ゚)

箱根2014・夏

今年の東京の暑さは、ものスゴイです。35度超えもあって熱帯夜が続き、ネコもバテバテ。
めあ_20140811

プチ避暑で箱根に一泊旅行に出かけました。
初日は寄木細工の工房に寄り、ガラスの森美術館へ。
庭全景_20140811

薄曇りでしたが涼しくて、緑豊かなお庭をのんびり散策しました。
玉葱_20140811

カンツォーネを楽しめるカフェはステキな照明で雰囲気も良くてリゾート気分。
葡萄_20140811

カンツォーネ_20140811

頼むとパンも持って来てくれて、それがまたサクサクでとってもおいしかった
もちろん、お料理の方も。
思わず食べ過ぎちゃった!

宿に着きました。
温泉は露店風呂がとても気持ち良くて身も心もリフレッシュ♬
朝風呂もしました

翌日は雨模様でしたが、ポーラ美術館へ行きました。
森の中に隠れているような美術館です。
有名なモネの「睡蓮の池」やゴッホの「アザミの花」も展示されています。
ポーラ_20140811

絵画に自由にタイトルをつける、というコーナーがありました。
髪の長い女性が海っぽい場所で浮かんでいるような絵でした。
「魂の抜ける瞬間」
と入力して送信ボタンを押すと、絵の横の壁面に大きく表示されました。
他には
「大きくなったワカメちゃん」・「ワカメの擬人化」・「突然のぎっくり腰」・「ルルル~ン♡」
などがありました。

最後に、画家のつけたタイトルが書いてありました。
本当のタイトルは『白い貝殻』でした。。。

そろそろ小腹が空いてきた・・・という頃、小ぢんまりしたお蕎麦屋さんを発見。昼食にします。
お座敷の大きな窓から山々が見える素朴な佇まいのお店で箱根そばをいただきました。
蕎麦_20140811

帰途、海老名SAに立ち寄り、箱根ベーカリーのメロンパンやアップルもの・チョコものなどをおやつにおいしくいただきました。

さて、今回の戦利品の数々。
寄木細工のお箸やしおり、ガラスの森では可愛いグラスを色違いでGet❕❕
戦利品_20140811

今回はお天気がいまひとつで、富士山が見られなかったのが残念です。
今度来る時は、釣り堀に行ったり彫刻の森美術館にも行ってみたいな

担当 (=゚ヮ゚)




北海道!!

この夏を締めくくる北海道旅行に行ってきました!!
20110820_P1000914.jpg

羽田から飛行機に乗り、約1時間半、そこは北の大地、北海道!!やっぱり涼しい!!
空港に着くやいなや、空港で、有名(らしい)なシュークリームをゲット!!
20110820_RIMG0584.jpg

娘曰く、「何度言っても言い足りないぐらいおいしい!!」
さすが北海道!!(なにが?)

レンタカー屋さんではくまのお出迎え!
20110820_RIMG0582.jpg
いざ、北海道の旅へ出発!!

高速道路でもこのような標識が!
20110820_RIMG0585.jpg
鹿とか、狐とかいろいろ出るらしい。急に出てこられたらよける自信がちょっと無いけど、見てみたい気もする。。。

しかし、北海道は広いね!!
地平線が普通に見える!開放感がすごい!!

さて、最初の目的地は層雲峡。
まずは近くの滝でも見ましょうか。
20110820_P1000927.jpg

銀河の滝。見事ですな。この滝はもう一つ流星の滝と一対になっていて、断崖絶壁から豪快に流れ落ちています。
周りの景色と相まって、荘厳な雰囲気です。
それでは、近くのロープーウエイに乗って、山の上の方まで行ってみましょう。
20110820_P1000934.jpg

山の上はこの眺め!!
スゴイの一言です!今にもシシ神様が出てきそう!雲の影も雄大でとってもきれい!!
もっと上まで行けるのですが、これ以上は雲の中なので、今回は断念。でもこの景色は本当にすごかった。
20110820_RIMG0606.jpg

娘も夢中で見てました。

さて、その日は層雲峡の温泉でのんびり~。ゆっくり休みました。そうそう、途中何と、野生の鹿に会いました。ほんとにいるんですね!

次の日は旭川まで行って、有名な旭山動物園です。
ここの動物園はシロクマや、アザラシの自然の姿が見られることで有名ですが、それより印象に残ったのは、飼育係の人の手作り展示!
20110820_P1000945.jpg

このようなあじのある展示や、解説がとってもかわいくて、おもしろくて勉強になりました。
20110820_P1000959.jpg

こんな鹿のヘルメットがあって、鹿ってこんな重い物頭に乗せてるんだ!っとビックリ!もちろんアザラシとかも良かったけど、すごい混雑だった。
20110820_P1010025.jpg

ほかにも、雪ヒョウ(寝てばっかり)
20110820_RIMG0637.jpg
など上から、下から動物達が見られてやっぱり普通の動物園より工夫してるなと思いました。

この日はいろいろ休憩をとりながら、札幌まで。
途中にいた羊?
20110820_RIMG0648.jpg

札幌もホテルにチェックイン後、すすきのに晩ご飯を食べに。
ここでは、新鮮な魚介類に、ジンギスカン!!
20110820_RIMG0656.jpg

思ったほど臭みも無くて、おいしかった!
こうしてすすきのの夜は更けていくのでした。。。
20110820_RIMG0654.jpg

さて、今日は最終日!
札幌の定番観光です。
道を歩いていると、馬車が!!
20110820_RIMG0676.jpg
信号で止まると、ジャバジャバとオシッコタイム!!こりゃ大変だわ。

まず行ったのはおなじみ時計台。
20110820_P1010044.jpg

ビルの谷間にこぢんまりと立っています。でもさすがに風情がありますね。

次は大通り公園のテレビ塔。
20110820_P1010056.jpg

上ってみると、今流行(?)テレビ父さんがそこかしこに!!
20110820_P1010068.jpg

よくわからないキャラですね。。。
展望台からの眺めは最高でした。
20110820_P1010061.jpg

いや~!本当に北海道は広くて平らで涼しい!!

今回は層雲峡に行きたくて、行程的にちょっと無理があったかもしれないけど、とっても楽しめました。
一気に北海道ファンとなった我が家は、早くも今度はもっとのんびりできる日程で来たいね、と話しています。

ゲットしたグッズの数々。。。
20110820_P1010088.jpg

20110820_P1010085.jpg

今回も留守の間、友達に猫たちのお世話を頼みました。おかげでこんなにノビノビと。。。感謝です!
20110820_RIMG0581.jpg

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

水族館対決

今年のGWは、直前まで出張で予定が全然組めなかったのですが、なんとか伊豆の方に宿が取れたので、あまり計画もたてずに出かけてきました。
そのとき立ち寄った伊豆・三津シーパラダイスと、それ以降すっかり水族館ブームになり、出かけた江ノ島水族館、それぞれ長短があり、おもしろかったのでちょっとレポートしてみます。

まずは、伊豆・三津シーパラダイス。
急なスロープを下っていくと水槽がたくさんあります。でもここの目玉はやはりショータイム!!
まず海獣の広場でのショー。
ここではアシカやトド!、イルカのショーが見られます。
トドはあまりショーでは見れないと思うけど大きいね~!!
110522_RIMG0012.jpg

なかなかの迫力でした。イルカも迫力のジャンプで楽しめました。
110522_RIMG0019.jpg

でも、この広場の最大の欠点はその構造にあります。
全面ガラス張りのプールの前のスペースにアシカなどが出てきて芸をするのですが、前の方の席からしか全く見えません。これはどうにかして欲しいところ。

その隣にイルカの海といういけす?があり、ここでもイルカのショーが見れます。
隣の海獣の広場と違ってこちらは本当の海を囲ったような場所。
大型のイルカが泳いでいます。
ここでは観客の希望者がボートに乗って間近でイルカを見ることが出来ます。
110522_RIMG0022.jpg

それからトレーナーの人が海に入って、イルカに押して貰って高速移動!!
110522_RIMG0026.jpg

これはスゴイ!!
しょっとやってみたいけど、怖そうでもあるなぁ。
ジャンプも見事!!
110522_RIMG0028.jpg

近くのいけすでは、のんびり休むイルカを見たり、エサをあげたりすることが出来ます。
110522_RIMG0004.jpg

イルカはかわいいね~!
110522_RIMG0011.jpg

そして、江ノ島水族館。
小田急の駅も雰囲気盛り上げてます。
110522_RIMG0200.jpg

こちらのショーはどうでしょう。
はじめに見たのは、「ドルフェリア」?
不思議な女の人が出てきて、ミュージカル仕立てのショーです。
110522_P1000695.jpg

トレーナーなどは一切出てきません。
女の人たちも歌ったり踊ったり、シンクロナイズドスイミングみたいなこともやってます。
頑張ってるな~。

それから建物の中に入って、ペンギンショー。
110522_P1000697.jpg

飼育係のおじさんが、たんたんと説明してくれます。
ペンギンの水の中での素早い動きが、よく見えます。

再びショープールへ移動して、今度は「スプラッシュ」?
こちらは従来のいわゆる、イルカショーに近いです。
110522_RIMG0241.jpg

こちらも、トレーナーの人がイルカに押されて高速移動したり、ジャンプしたり。
最近のはやりなのかな?

こちらでもトレーナーの人たちは、ただ指示するだけではありません。
踊ります!!
110522_RIMG0232.jpg

なかなか大変です。

そのほか、こちらの水族館の目玉は大水槽!!
なんでも相模の海の様子を再現したとか。大きい水槽に、大小の様々な魚が泳いでいます。
110522_P1000741.jpg

そして、この中でもショーが行われます。
110522_P1000792.jpg

ダイバーの人が水槽の中に入り、いろいろな魚を紹介してくれます。
大きいウツボも素手で抱いています。すごい!!
これはなかなかおもしろかったです。

こうして短期間に2つの水族館を見学して、伊豆・三津シーパラダイスはアットホームで魚やイルカをより身近に感じることができ、江ノ島水族館はよりショーアップされ、いろいろ工夫が感じられました。

どちらの水族館にも言えることですが、そこで働く人たちの動物や魚たちへの愛情が良く分かりました。
魚を見るだけでなく、魚たちへの接し方も見る価値がある物だと思いますね。

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

プロフィール

ぱったりメダカ

Author:ぱったりメダカ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -